男性の髪の毛に良い食べ物!あなたの髪の毛はあなたが食べた物で出来ている!

シェアする

男性の髪の毛に良い食べ物!あなたの髪の毛はあなたが食べた物で出来ている!

昨今では薄毛に悩む若者が増えています。その背景には食生活の欧米化や乱れ、ストレス社会が関係していると言われているのです。

また、頭皮トラブルを抱えている人も多いでしょう。ハゲることへの抵抗感から早期から育毛に取り組んでいる若者も増えています。

そこで、今回は男性の髪の毛に良い食べ物について、どのような物があるのかをご紹介していきます。毎日摂取する食事から育毛ケアができるので、ぜひ普段の生活に取り入れていきましょう。決して食生活の改善を侮ってはいけません!

とは言え、薄毛に悩むあなたなら、もうとっくにご存知かもですが、ザッとでいいので目を通してください。

知ってるつもり?髪の毛に必要な7つの栄養素

年齢を重ねていくと新陳代謝が落ち、髪の毛にまでしっかり栄養を届けることが難しくなってしまいます。

栄養が届かなくなってくると、髪の毛は本来の潤いを失い、パサつきが出てしまいます。また、枝毛や切れ毛、抜け毛の原因にもなってしまうのです。

髪の毛が薄くなり始めると真っ先に思いつくのが育毛剤や育毛シャンプーですが、体の中からの栄養がしっかり届かないとあまり効果を発揮してくれません。

もちろん、育毛剤の中には効果が出やすいものもあるでしょうけど、髪の毛を形成する為の栄養がしっかり補えていないと、一時的な改善はあったとしても根本的な解決にはなりません。

では、髪の毛に必要な栄養素とはどのようなものがあるのでしょうか。髪の毛に必要な栄養素は大きく分けて7つあります。それぞれについて詳しく解説していきましょう。

タンパク質

タンパク質は肉類・魚介類・卵・大豆製品・乳製品に多く含まれています。髪の成分には肌と同じタンパク質が固くなったケラチンという成分でできています。

タンパク質を摂取することで髪の毛を生成してくれる為、タンパク質が不足してしまうと発毛するスピードが遅くなってしまうのです。

亜鉛

亜鉛は男性に欠かせない栄養素の一つです。AGA(男性型脱毛症)になっている人の多くが生え際や頭頂部付近の髪の毛が薄くなりますが、その二か所には特殊な酵素が存在していると言われています。

その酵素が男性ホルモンと結びつくことによって脱毛を引き起こしているのです。亜鉛はこの酵素の働きを抑制してくれる作用があるので、AGAの予防に繋がると言われています。

また、亜鉛はタンパク質を合成するサポートをしてくれるので、髪の毛にとって必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。

ビタミンB6、B12

髪の毛を増やす栄養素として優秀なのがビタミンB6です。タンパク質をケラチンに変化させる働きがある為、こちらの栄養素も必要不可欠なものであることは間違いありません。

また、ビタミンB12には血管を掃除してくれる作用があります。血管の中をキレイにすることで血流が良くなり、栄養をしっかり運んでくれるようになるのです。

コラーゲン

コラーゲンは頭皮を乾燥から守る役割があります。頭皮環境が悪いと抜け毛の原因にもなりますし、頭皮自体を柔らかくしてくれる為、薄毛予防に繋がります。また、コラーゲンには髪の毛を太くする作用もあるようです。

イソフラボン

イソフラボンには男性ホルモンの増加を抑える作用があります。先ほども言いましたが、男性ホルモンと特殊な酵素が結びつくことによってAGAを発症させやすくなる為、男性ホルモンを抑えることでAGA対策にも繋がるのです。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは天然のプロペシアなんて呼ばれる事もある成分で、前立腺肥大の抑制や泌尿器系の疾患の治療薬としても期待されています。

この成分がAGAの原因となる特殊な酵素の働きを抑制することがわかっています。

当サイト一押し育毛剤

髪の毛に良い食事のポイント

あなたの髪の毛はあなたが食べた物で出来ています。ですので髪の毛に良い食事についてじっくり考えてみましょう。ポイントごとに解説していきます。

栄養バランスに優れた食事を心掛ける事

髪の毛に必要な栄養素については先程も触れましたが、食事から簡単に摂取することができるのがタンパク質・ビタミン・亜鉛です。この他にも糖質をしっかり摂取することや脂質も必要な栄養素であることを忘れないようにしましょう。

栄養をしっかり髪の毛に送る為には、健康的な体がなければ始まりません。特に栄養を運んでくれる血液は重要です。

その為、鉄分も必要不可欠な栄養素の一つとして考えましょう。髪の毛に良い栄養素だけに着目するのではなく、体全体の機能を向上させてあげる為には、栄養バランスに優れた食事を心掛けることが必要です。

毎日決まった時間に食事を摂取するように心掛ける

毎日決まった時間に食事を摂取することも必要です。人間の体には交感神経と副交感神経の二つの神経によってコントロールされているのですが、決まった時間に食事を摂取することで副交感神経がその時間を覚えるようになります。

その時間に食事を摂取するとわかっているので、内臓の働きも活発になるのです。逆に食事の時間が乱れていると内臓がいつ働けば良いのか定まらず、吸収するときに時間がかかってしまうようになります。

その為、一番効率良く栄養を吸収させるためには、決まった時間に食事をすることが良いとされています。毎日の食事時間を定め、その時間に摂取することが大切です。

サプリメントを利用するのもおすすめです。

忙しい現代人にとって毎日の食事に気を遣うことができない人も多いでしょう。本来であれば、食事から必要な栄養素を摂取するのが良いのですが、難しいようであればサプリメントを取り入れることもおすすめです。

特に、髪の毛に良いとされる成分を毎日の食事ですべて補うのは難しいかもしれません。そこで役立ってくれるのがサプリメントです。育毛サプリメントなどの多くにビタミン類が配合されていたり、亜鉛が含まれていることが多いので、手軽に摂取することができるでしょう。

水分をこまめに摂取することも必要です。

栄養や酸素を運ぶ役割をしている血液の半分は水分でできています。水分が不足してしまうと血液量が減少してしまう為、必要な栄養素をしっかり送ることができなくなってしまうのです。その為、水分はとても重要な役割をしています。

人間が一日に必要な水分量は2リットル以上と言われていますが、食事から摂取できる量は約1リットルと言われています。その為、あと1リットルは水分を補給しなくてはいけないのです。一気に飲んでも吸収されませんので、なるべくこまめに摂取するように心掛けましょう。

当サイト一押し育毛剤

髪の毛に良い食べ物

わかめが髪の毛に良いと聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、実際にはわかめ以上に効果的な食材が「卵」。

身近な存在である卵は、実は髪の毛に良い食べ物の代表とも言える存在だったのです。卵には、髪の毛に必要な4つのミネラルが含まれていると言われています。

セレニウム・鉄・亜鉛・硫黄の4つです。それ以外にも、タンパク質やビオチン(ビタミンB群に分類されるビタミンの一種)も豊富に含まれています。

ビオチンには、髪の毛の成長を促す作用と頭皮を健康に保つ役割があり、欠乏してしまうと髪の毛が弱くなってしまうと言われているのです。その事からも、卵は髪の毛を守る為に必要不可欠な食材であることがわかります。

ただし、髪の毛に良いからと食べ過ぎてしまうとコレステロール値が上昇してしまうことがありますので、適度に食べることがおすすめです。

牡蠣

また、卵には劣るけれども牡蠣も亜鉛が豊富に含まれている効果的な食材で、髪の毛には優秀な食材です。

髪質を向上させるのに役立ったり、脱毛予防にも適しています。また、頭皮の乾燥を予防したり、白髪になるのを防いでくれる役割もあるようです。日常的に食べることは難しい食材ではありますが、旬の時期に積極的に食べるようにしたいですね。

緑黄色野菜

また、身近な食材では、緑黄色の葉野菜やニンジンが挙げられます。緑黄色の葉野菜にはビタミン類が豊富に含まれているだけではなく、カルシウムや鉄分も豊富に含まれている為、頭皮環境を整えてくれる役割があります。代表的なのは、ほうれん草等ですね。

鶏肉

鶏肉は上質なタンパク質が含まれていますし、脂肪分が少ない為、ダイエット中の方でも安心して摂取できる食材の一つでもあります。

豆類

豆類には、イソフラボンだけではなく鉄分やタンパク質、亜鉛が含まれていますし、ビオチンも多く含まれている為、毎日の食事にプラスすることをおすすめします。

サケ

さらに、サケにはオメガ3脂肪酸と呼ばれる健康な肌や髪を保つために必要な脂肪酸が含まれていますし、ビタミンDやタンパク質が豊富な魚です。髪の毛を強くする効果やツヤのある髪の毛を作り出すのに役立ってくれるでしょう。

ナッツ

お酒を飲む人はおつまみとしてナッツをおすすめします。ナッツには、種類によって異なりますが、髪の毛の脱毛を防ぐ効果が期待できます。クルミにはオメガ3脂肪酸が含まれていますし、カシューナッツやアーモンドには亜鉛が多く含まれています。

最後に

今回ご紹介した栄養素や食材は髪の毛に良い物を例として挙げましたが、そればかりでは偏ってしまうのであくまで参考にし、栄養のバランスを考えて食事をしてください。

あなたの体と髪の毛はあなたが食べた物で出来ています。ジャンクフードやカップラーメンでで出来た髪の毛と栄養のバランスを整えた食事で出来た髪の毛は、同じではありません。