『育毛の髪様』ハゲテリーナと申します。

シェアする

初めまして。『育毛の髪様』管理人のハゲテリーナと申します。ふざけた名前で申し訳ありませんが、覚えてもらえやすいと思いこのようになりました。

簡単ではありますが、わたくしハゲテリーナのプロフィールをご紹介したいと思います。

1975年
この世に生を受け、将来薄毛の心配もせずに毎日を楽しく過ごしておりました。

1990年
中学になり、自分自身のオデコが周りの人よりも広い事を確信し将来の禿に少し恐怖を感じるようになりました。

1995年
薄毛が進み、なんとかヘアースタイルで薄毛をごまかしつつ、頑張って働いたお金をア〇ランスやアー〇ネイチャーなどにつぎ込み、何とか薄毛の克服を願いつつ育毛に励んでおりました。

その額、数百万円です。

2005年
すっかり薄くなる髪の毛、更に砂漠の様に広がっていく私のオデコを恨みながら、遂に育毛に欠かせない「ミノキシジル」と「フィナステリド」と出会い、更に育毛道に精進します。

2007年
薄毛の希望の光であるミノキシジルとフィナステリドを巧みに操りながら、更にオデコを狭くするために、遂には自毛植毛を決意します。

誰もが初めての経験であろう自毛植毛で、「もしも失敗したら」なんて考えるかと思いますが、私もそうでした。

ですが、このまま自毛植毛をしないで、広いオデコにコンプレックスを抱きながら下を向いて生きて行くよりも、やれることをやって、失敗したらまた考えれば良くて、それでもダメなら、死んでしまえばいいんだと。

死ぬことはいつでもできる。だから自毛植毛を試して見ようと考えました。

そして、結果は「やってよかった」です。笑顔が増えました。私と同じ薄毛や抜け毛で悩んでおられる方ならこの喜びを分かって頂けると思います。

ミノキシジルとフィナステリドを中心とした育毛に自毛植毛で増えた髪の毛で、私の人生にも光明が差してきました。

2014年
ミノキシジルとフィナステリドを中心とした育毛道に少しずつ陰りが見え始めました。以前ほど効果を感じる事が出来なくなったのです。自毛植毛した髪の毛は元気です。

更に、ミノキシジルのポピュラーな副作用の一つである「頭皮の痒み」が出始め抜け毛が増えました。

今までの育毛道を再度見直し、副作用を克服し現在の髪の毛の状態に至ります。

私は、薄毛や抜け毛に悩みに悩み、死のうと考えた時期もあります。このサイトは、私の様に薄毛、抜け毛で悩む貴方にとって、少しでも私の経験が役に立てればと思い立ち上げました。

是非参考にしてみてください。